東京ドームシティーで死亡事故

■兆しに視点を当てよう!

 

こんばんは。関川忍ことセッキーです!

本日3回目の記事は

 

今日起こったありえない事件。(特に日本では)

 

報道によると・・・

事故があったのは午後0時40分ごろで、回転式小型コースター「スピニングコースター舞姫」に乗っていた34歳とみられる男性が、急カーブの地点で投げ出され、8メートル下のコンクリート地面に転落しました。男性は午後3時前、搬送先の病院で死亡が確認されました。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
こんな感じです

「スピニングコースター舞姫」は、4人乗りの乗り物が360度回転しながらアップダウンするレールの上を走行するアトラクション。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
実際のスピニングコースター舞姫

 

実は、この事件の起きる1か月前の先月、別のアトラクションでボルトが落下し、近くにいた女の子が軽いけがをする事故が起きていました。

 

アトラクションではありえない事故、その「兆し」が1か月前にあった。

 

東京ドームシティーではその1か月前の事故から反省し、安全対策をしっかりとしておけば、今回の事故は起きませんでした。

 

逆を返せは、今回の事故は起こるべくして起きた事故でもあるかも知れません。

 

今の時代は「乱世」といわれる、明日何が起きるかわからない時代です。

経営者は些細な「兆し」を察し、事故やリスクを回避する能力が問われる時です。

 

言い換えれば、目に見えない「風を感じる」感性を磨くこと。

 

日々の小さな現象にも目を向けましょう!

関連記事一覧