独自性を売りにした美容室

■やりたいコトをやれば「独自化」できる!

超わがままな関川忍ことセッキーです!

本日3回目の記事です。

 

今日は2年前から好きなことしかしないとう美容室へ行ってきました。

 

サロンマーケティング研究所ブログ

オープン当初からサポートをさせていただいている「リールヒーリングサロン」さんです。

<RireHealingSalinのホームページ>

 

この美容室の特殊性は、髪を切る以外に、お客様の健康を考えて、週1回は「美容鍼灸師」さんを迎えての出張治療の場を開放しています。

 

この鍼灸師さんは、鍼灸学校の講師でもあり、白金でサロンも構えています。

<白金鍼灸SalonFiumのホームページ>

さらに、薬膳料理などのレシピ等もお客様の体調に合わせてお配りしたりと、美容室とは思えない業態変更をしています。

そのため、お客様は髪ばかりではなく、「健康美」に意識の高い方ばかりです。

このビジネスモデルが美容室専門誌の方に興味をもたれ、すでに数回取材を受けています。

サロンマーケティング研究所ブログ
業界誌プレッピーでの記事

 

オーナーの中島さんは、お会いした時は普通の美容師さんでしたが、様々な方と積極的にコミュニケーションをとり、徐々に自分がしたいことが見えてきたようです。

また、販促が上手で、お客様とのコミュニケーションもしっかりとされています。

すべて中島さんが好きなコトを形にしようとしているので、本人は物凄く楽しんでやっています♪

POP等もお店がゴージャスなので、難しそうですが、とっても可愛くさりげなくPOPを配置されています。

その一部を今回はご紹介します。

↓ ↓ ↓

サロンマーケティング研究所ブログ
レジ回りにさり気なく置いてあるシルバー料金告知のPOP

ねっ!とっても上手でしょう?

このPOPを見たお客様は、年金暮らしになって金額が少し厳しく思っていた方からはお礼を言われたり、逆に定価のお支払いをしてくださる方も結構いらっしゃるようです。

このレジ横にさりげなく置いてあるのも「女性顧客」にとっては凄く優しいですね。

だって、女性って年齢に凄く敏感だし、他の人には聞かれたくないですからね。

中島さんはこのような女性ならではの気遣いがとってもレベルが高い方ですので、男性のボクとしてはいつも勉強になります!

今度また機会があれば販促の成功事例が沢山あるお店ですのでご紹介しますね♪

関連記事一覧