商品にPOPを添えて

■商品にPOPを添えて

 

美容室で「かつら」を売っているのはご存知でしょうか?

 

本日1回目の記事です。

おはようござます。関川忍ことセッキーです!

 

今回はうちの会社での成功事例です。

実は、昨年後半からうちの会社で、あるかつらメーカーさんの商品の売り上げが徐々に伸びています。

 

でもボク達が一生懸命に営業をかけたわけでもありませんし、凄い画期的なかつらが発売されたわけでもありません。

 

やったことは、商品にPOPを添えただけなんです。

 

POPもメーカーさんが既製品として作ったモノもあるのですが、その時は殆ど商品が動いていませんでした。

 

そこで、商品が売れるPOPを自分たちで製作し、美容室に貼ってもらったんです。

見せられない所があるのですが、こんな感じのPOPです。

サロンマーケティング研究所ブログ-ttttt

美容室でかつらをお客様に勧めるのって結構大変です。

「髪薄く~」「髪の量が~」なんて美容師さん側からは、なかなか切り出せないものです。

 

その手助けになるPOPを作りました。

そして、POPをただ貼っていただくだけで、美容師さんもあまり積極的なアプローチはしていませんでした。

 

ところが・・・

その商品の前年比は、なんと全体で261%売り上げが伸びていました!

 

もともと取り扱っていたお店の販売数と、新たに初めたお店(POPを貼ったら売れ始めたので仕入れをしはじめています。)の相乗効果で売り上げがあがりました。

 

今はどんなに大きな会社であろうと、昔のようにブランドでは商品は売れなくなっています。

さらに、昔のようなキレイでかっこいいだけの販促ツールはもう通用しなくなっています。

 

でも・・・気づいていない企業や美容室の方が圧倒的に多いんじゃないかなぁ~。

だから、価値を伝える勉強をしている人は、自力で販促ツールを作った方が売り上げがあがったりします。

 

既製品の販促ツールを見て「あっ伝わらない」

そう思ったら即編集作業にはりましょう!

 

そうそう、経験上ですが

BtoB営業をしている方は、顧客の販促のお手伝いをしてあげるといいですね♪

関連記事一覧