親孝行してますか?

■社会の「不」を解決するのがあなたの仕事

世の中を良くするために様々なビジネスって生まれていますよね!

本日2回目の記事です。

 

こんにちはセッキーです!

 

今朝新聞を読んでいたら「親孝行代行」というビジネスがあるコトが書かれていました。

確かに、高齢者社会、核家族社会。

 

年老いた親を故郷に残してきた、という人も多いことでしょう。

 

サロンマーケティング研究所ブログ

 

「親孝行代行」はネットで見ると何社かありますが、介護まで含め月額2万円代のところもあります。

 

今日の新聞で紹介されていたのは、それとは少し違っていて、買い物の代行や、家族へ親の様子を報告するというもの。

ほんとに、親の近くにいけないから、ちょっと見てきてって感じのほのぼのとした形態です。

 

費用も月額6,000円とお手頃。

初めた方は宅配をされているようで、その業態を上手く進化させています。

 

思いついたきっかけも純粋に自分があまり親の面倒をみるコトが出来なかったという経験からということで、そのサービス内容もどこか愛情が感じられます。

 

「親孝行」というネーミングから、介護までを含むビジネス形態より、このくらいのサービスの方がなんかいい。

親子の「絆」をさりげなく演出してくれるこの「親孝行代行」は、今の日本社会には必要なビジネスですね。

関連記事一覧