視点を変えるコトはカンタンです!

■視点を変える

 

本日3回目の記事

こんばんはセッキーです!

 

視点を変えるって一般的に

お客様はどう感じているのか・・・?

この商品他に使いみちないかな~?

 

と、「売り手」「買い手」の立場にフォーカスしますが、「売り手」が買い手の視点になるって結構大変だったりします。

 

先日、美容評論家の方にお会いした時のことです。

うちの商品の中に緑の泡の洗顔フォームがあります。

 

でも、自分達としては、緑の泡に対しては殆どインパクトを感じていなかったのですが、その美容評論家の方は「緑の泡それ面白い!」とメチャメチャ反応が良かった。

 

ボク達は、何故そこで反応するかなぁ~?という所に反応するんです。

 

経験や知識が豊富であればある程、視点を変えるのが難しくなってきます。

特に「目線を下げる」というお客様視点は、ベテランと言われる人ほど大変なんじゃないかなぁ~。

 

そこで、視点を変えるカンタンな方法があります。

一つの方法論なので、それを是非応用してみてください。

 

ボクはいつも茨城から仕事先に行く時は300km圏内でしたら車で移動します。

(殆どそうですね)

 

でもたまに、電車という交通機関を利用することで、同じ目的地に向かうにも見るもの、感じるもの、リズム、スケジューリング全てが変わってきます。

 

サロンマーケティング研究所ブログ-dennsya
移動中の電車の窓からの風景
(車移動では決して見ることはありません)

 

つまり、いつもと少しだけ違う行動をとってみるんです。(結果は同じでも)

 

こういう発想を大切にしている人に、今大人気の「AKB48」を輩出した秋元康さんがいます。

サロンマーケティング研究所ブログ-脳
<2009年発刊>
時代にあったヒットを産み出し続けている
秋元さんの思考法がまとめられています。

 

秋元さんが2009年に出版された「企画脳」に「本屋さんに行った時の行動」を書かれたところがあります。

いつも同じコーナーに行くようなら、今回はそこから5m離れたコーナーに行って本を買ってみること。

そのようなコトが書かれていたと思います。(昔なのでニュアンスですが)

 

このように、いつもの行動パターンや範囲をす少しずらすことで、気付くコトも変わってきます。

 

無いモノを生むのではなく、あるものから“感じ取る方法”を変える

それが「視点を変える」一つの方法ではないでしょうか?

関連記事一覧