合成界面活性剤って何が悪いの?②

■合成界面活性剤って?②

こんにちは。関川忍ことセッキーです!

 

さてさて、合成界面活性剤の歴史がある程度分かった①でした。

そして更にこの章では新しい「なるほど!」をお話します。

サロンマーケティング研究所ブログ-3dai

            現代の代表的なトリプル処方

 

研究員

その後さらに界面活性剤の開発が続き

遂に「アミノ酸系の界面活性剤」が誕生します。

 

目的はラウリルやラウレスの痒みの軽減です。

当時はベストな処方でも

依然として痒みを起す肌トラブルが続いていました。

 

その後、アミノ酸系の界面活性剤は

ラウリルやラウレスが取り除いてしまう

肌のバリア機能を残したまま

汚れやWAX等を洗い流すとして注目を集めました。

 

セッキー

やっぱり、アミノ酸系の界面活性剤が良いんですね!

 

研究員

・・・まぁ~そうなんですが。

 

すっきり感を求める人にとっては

洗い流した感がないので好き嫌いは出ます。

 

本来アトピーや敏感肌の方にはお薦めな

界面活性剤なのですが・・・

 

そして、ラウレスやラウリルとは、コストも全然ちがうので

商品がどうしても高くなってしまうという弊害もあります。

 

そのようなことから殆どのメーカーからは

いまだにラウレス、ラウリル使用しているんです。

 

肌や髪に良いモノをと思うと

コストがかかりすぎる

 

作り手としては辛いところです。

 

セッキー

そうですね。

 

最後に、最近は天然ヤシ油由来の界面活性剤ですから・・・

と「ラウレス硫酸Na」が石油からではなく

ヤシから抽出しているから安全ですと謳っている

シャンプーもありますがどうなんですか?

 

サロンマーケティング研究所ブログ-yasi
ヤシの実から様々な化粧品原料が抽出されています

 

研究員

ん~。はっきり言って石油から抽出しても

ヤシから抽出しても

原料自体の分子構造は変わらないので

同じものとして思っていただいた方が良いと思いますョ。

 

なるほど!

 

<関連記事>

合成界面活性剤って何が悪いの?①

関連記事一覧