過度なダイエットで拒食症!その2

■ダイエット特集Ⅰ

こんにちは。関川忍ことセッキーです!

私達が実感する老化現象とは・・・

筋力の低下、骨密度の低下、成長ホルモンの分泌量の減少、そして体力の低下など様々なところから起こってきます。
そこで重要なのが『成長ホルモン』の分泌量なのです。

成長ホルモンは私達の身体の全てのバランスをとる様々なホルモンの働きをコントロールしている『マスターホルモン』と言われるものです。

この成長ホルモンは大体20代を期に徐々に減少していきます。
『お肌の曲がり角』と言われる年齢ですね。
誰が言ったか知りませんが、医学的な観点からも『正解!』です。

その後10歳刻みでドンドン減少し、60代ではほとんど分泌されなくなるのです。
「最近徹夜がこたえるな~。昔は全然平気だったのに」
と、ぼやいた事ありませんか?
それも成長ホルモンの減少体験です。

この成長ホルモンの減少と共に筋力の低下や、骨密度の低下も同時に進行してゆくのです。
そして、ホルモンのバランスをとっているマスターホルモンですから、その量が減少すると、様々なホルモンのコントロールが効かなくなり「更年期障害」なども起こってきます。

また、成人なのにアゴやオデコに吹き出物がでて困る方・・・。
やはり、原因はホルモンのバランスのくずれなのです。

ホルモンのバランスをとり、規則正しい生活をし、食事も適度にバランスよくとり、適度な運動をすれば当然若かりし日のあのひきしまった私の身体が・・・

『手に入る!』かも知れません。

では、その成長ホルモンの分泌量を増やせないのか?

欧米では早くからこの分野に医療団体が着手し、素晴らしい成果を出していました。
それが人成長ホルモン(ヒューマン グロウス ホルモン)の投与です。
しかし、素晴らしい効果と引き換えに、様々な障害を起こす人もいることで、今では医療専門で使用されている治療技術となっています。
では、それ以外では?

ご安心ください極めて安全性の高い方法があるのです。
それが『アミノ酸療法』です。

 

サロンマーケティング研究所ブログ-女のひと

 

ボク達の身体はアミノ酸の塊です。
そのもともと身体に存在するアミノ酸を使って、なんと人成長ホルモンの分泌量を増やす事が出来るのです!

ここで少しアミノ酸を使用した様々なものをご紹介します。
◆病院から渡される皮膚用の治療用クリームや、点滴。
◆薬局のトレーニング用サプリメントコーナーにある「BCAA」サプリメント。
このBCAAはスポーツを激しくした後、筋肉の筋が切れ痛みを伴います。
これが『筋肉痛』です。
その筋肉痛を一晩で回復させるのがBCAAサプリメントで、プロのスポーツ選手や、オリンピック選手などは愛用しているようです。
BCAAは、バリン・ロイシン・イソロイシンというアミノ酸の複合体です。
コンビニにも『アミノバリュー』や『アミノサプリ』等の飲料水が販売されていますね。

サロンマーケティング研究所ブログ-BCAA

 

サロンマーケティング研究所ブログ-アミノバリュー

◆そのほか、精神安定剤などにも使用されています。
しかし、残念な事に人成長ホルモンの分泌量を増やす事は出来ないのです。

では、ほかに無いのでしょうか・・・?

つづく

 

<関連記事>

 

関連記事一覧