おかみさんを輝かせよう

おはようございますセッキーです!

 

日本について

 

2000年前の日本は『日のが本』と言われていました。

600年前に今の『日本』となりました。

 

この「日本」とう意味は

日=太陽、本=で、太陽に対して、生きていることを感謝するという意味のようです。
ボク達日本人は太陽に深く関わり合っている民族なのですね。

サロンマーケティング研究所ブログ-太陽

また、海外との違いは、海外では判断基準に絶対者がいます。
キリスト・ユダヤ・イスラムで
日本は「神の国」という言葉で表されていますが、解釈が少し違うようで
正式には『日(か)身(み)』というそうです。

 

つまり・・・

神の国ではなく、日身の国と書きます。

太陽がボク達日本人の体という意味が正しいようです。

また、よく奥さんを「カミサン」「おカミサン」といいますが、語源はココから来ているようです。
ですので、奥さんは太陽で、男はその太陽をいつも輝かせるために働くのだそうです。

このような歴史的背景や、語源、習慣のなごり(初日の出)などから、日本の文化や思想がよく分かります。
まさに日の丸の国旗がそれを象徴していると思いました。

そして、絶え間ない戦争の行く末はどこも絶対者(宗教)の戦いです。
そんな中絶対者のいない日本こそが21世紀をまとめあげる国であるという説もあるのも確かです。

 

関連記事一覧