自己開示は親近感を与える

こんばんはセッキーです!

 

あなたは、『自己開示』していますか?

 

<ボクと瓜二つの弟>

弟は美容師さんです。

髪が伸びすぎてしまったので

会社に来てもらい髪を切ってもらいました。

 

サロンマーケティング研究所ブログ-まきお

             兄の髪を初めて切るのであった・・・

 

『自己開示』ってはじめはチョット恥ずかしかったり

こんなコト人に言ったら自分の価値が下がってしまう・・・

 

そんな心の抵抗があります。

 

以前のボクは正にそうでした。

昔のボクは長く付き合っている仲間でも

「セッキーって何考えているかわからない」

なんて、よく言われていました。

 

なんか、自分のプライベートのことなんて

別に話しても何の面白味もないし

自分のことだから・・・

 

なんて冷めた人間でした。

 

だから、友達は多かったのですが

どちらかちうと「クール」な奴みたいに思われがちでした。

 

コミュニケーション的に凄く損していたんですね。

 

社会人になり、色々な人に出会い

沢山の勉強をしていく中で

人との距離感って重要だなぁ~と思えてきました。

 

そして、まず始めたのが『自己開示』

それを最も身近な他人である社員に

自分の苦手なコト、嫌いなコト、失敗したコトetc・・・

自分としては、社長としての価値を下げると思っていたコトを

話すようにしていきました。

 

でも、価値は下がるどころか

気兼ねなく話もできるようになり

見えない心のつながりというか

体温を感じあえる関係が築けてきました。

 

この『自己開示』をトークに上手く取り入れて

観衆の笑いをとる天才が「明石さんま」さんですね。

 

さんまさんは

大竹しのぶさんとの離婚の背景や

その後の関係など

 

普通ではあまり人に聞かれたくないエピソード等も

TVで堂々と公開してしまってます。

 

さんまさんのキャラクター自体が好き嫌いは別として

凄く親近感というか、人間味を感じます。

 

これからの時代のコミュニケーションの中心軸には

その人柄が他人に伝わるコトが必要で

最も有効なのが『自己開示』なのでしょうか?

関連記事一覧