苦手な人を克服する「メタマッピング」のすすめ②

■苦手な人との付き合い方②

こんばんは。関川忍ことセッキーです!

それでは実際にメタマッピイングをやってみましょう。

①先ずは、嫌いな相手が目の前にいる状況をイメージします。

ここでは、あなた自身の視点で状況をイメージします。

よ~くその人の顔や姿を思い浮かべて下さい。

【ポイント】

◆苦手な相手の受け入れられない要素は何でしょうか?

 1分間で書き出してみてください。

◆あなたの心の中では目の前にその相手がいる時どんな感情が起こっていますか?

1分間で出来るだけ具体的に書き出して下さい。

なりきりがPOINT

②苦手な相手になりきります。

相手の視点で自分を見つめてみましょう!相手の視点で自分を観るコトってチョット嫌かもしれませんが、ココを経験しないとあなたや組織の問題解決に時間がかかります。

【ポイント】

◆相手は自分との関係をどう捉えているのでしょう?

◆相手の信念や価値観で自分をどう観ているのか?

◆それはあなたとどのように違いますか?

③第三者になります。

あなたと相手の関係を上司や同僚、関係者等の視点で眺めます。

【ポイント】

◆2人の感情と、行動で何が観察できるのでしょう?

◆コミュニケーションがうまく取れないあなたに何を提供(情報、価値観、ツール、チャンス)し

 どんな感情にするコトがベストなのでしょう?

④全体の関係性を眺めます。

全体(2人、組織)のコミュニケーションが良くなるためには

何が必要なのかを考えます。

出来れば2人以上で行うことをお薦めします。

このメタマッピングは、よりリアルな疑似体験や類似体験により

沢山の学びと変化のヒントを得ることが出来ると思います。

なんとなく、これをやった後は

苦手だった相手が、少し好きになっている自分を感じることが出来ますョ♪

<関連記事>

優れたリーダーは名スポンサー

リーダーシップを高める方法

ウォルト・ディズニーが生んだビジネスワード

社会に貢献する

美容室の独自化のヒント

苦手な人を克服する「メタマッピング」のすすめ①

関連記事一覧