成人式の意味を噛みしめよう

おはようございますセッキーです!

 

明日、明後日は成人式が各地で行われますね。

 

成人式のような成人を祝う儀式は古くからあり、男子には元服・褌祝、女子には裳着・結髪などがありました。

そして、1946年(終戦翌年)11月22日、埼玉県北足立郡蕨町(現蕨市)で行われた「青年祭」が起源となっています。

 

敗戦当時、次代を担う青年達に明るい希望を持たせ励ますため

当時の埼玉県蕨町青年団長高梁庄次郎氏が主唱者となり青年祭が行われました。

第一回青年際

そして翌1948年に公布・施行された祝日法によって、

「おとなになったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます」の趣旨のもと

1月15日を成人の日として制定されました。

それ以降、ほとんどの地方で成人式はこの日に行われるようになり、

ボクも1月15日に成人式をしました。

成人式は地元の友達が数年ぶりに会う機会でもあるので

同窓会のようなのりもありました。

その後、1998年の祝日法改正(通称:ハッピーマンデー法)に伴って

2000年からは成人の日は1月第2月曜日へ移動しましたが地域によっては日曜日に行うところもあります。

なので、美容室によっては

日、月2日連続で成人式のセットや着付けをすることもあり

美容師さんの体力が心配な時でもあります。

なにせ、朝4:00からセットなんてこともありますからね。

話は戻りますが

当事者も成人式の意味をしっかりとかみしめて式に臨んで欲しいですね。

関連記事一覧