ネーミングはとっても重要!

■売れるネーミング

おはようございます。関川忍ことセッキーです!

 

美容室のメニューの名前って殆どがメーカーさんのつけた名前や

昔からの名前をそのままつけていますよね。

 

これって、お客様からしたら

意味不明であったり

やってみたいというわくわく感もあまりおきません。

 

ボクのクライアント先の美容室で

メニューの名前を工夫してみることにしました。

 

それも、素人目線でかっこ悪くても

先ずは伝わることを大前提で考えた名前です。

 

その一つに部分パーマやポイントカットと言われる

定番のサイドメニューについてご紹介しましょう。

 

お客様の声をヒヤリングしていると

どうやらカウンセリングのときに

ここのボリュームが・・・」

ここだけ割れちゃうから何とかしたい・・・」

ここが気になる・・・」

 

そんな会話がしょっちゅうあるというコトが分かったので

ポイントメニューを少し露出して見ることになったんです。

 

そして、考え出したメニューのネーミングが

 

ここだけメニュー

 

ここだけカット

ここだけパーマ

ここだけカラー

 

といったネーミングにしてみました。

 

すると、新規客がこのメニューを見て来店したり

既存顧客も3ヶ月の来店周期が

1.5ヶ月で来店したりと

 

客数が増えました。

 

理由は、殆どのお客様が使う分かりやすい言葉をネーミングに採用し

そのメニュの説明を看板や店内で伝えたからです。

 

出版業界も今はその本が売れるのかは

80%が本のタイトルと言われています。

 

本の内容が良くても

先ずは手に取ってもらうという

行動をしてもらわなと何も始りませんよね。

 

それと同じなんですね。

メニューのネーミングを分かりやすくするコトは

コストゼロで出来ることですので

是非、既存メニューのネーミングを考えしてはいかがでしょう?

 

ネーミングを考えるときに参考になる本ダウン ダウン ダウン

 

サロンマーケティング研究所ブログ-ネーミング

      売れる!伝わる!ネーミング―「五感に訴える名前」の作り方

 言葉の発音が人にたいしてどういうイメージを与えているのか?

 を分析したインタビューCD                     

サロンマーケティング研究所ブログ-CD
是非、本を片手に楽しみながら
ネーミングを考えてみてもいいのでは(笑)

 

<関連記事>

話方で伝わり度合いが変わる?

行きたいのに迷ってしまう・・  

店内でマーケティングを浸透させるには

客を選んだ販促物
<pget=blank”>TVショッピングは販促のノウハウ満載!
</pget=blank”>

今すぐ欲しいモノを言って下さい!

 

関連記事一覧