圧倒的な自己主張が人を呼ぶ

こんにちはセッキーです!

 

これからお話する事例は

とっても強烈な販促の事例です。

 

茨城県の西の方へ営業で出かけた時のコト

遠くの方になにやら鮮やかな「何か」が見えてきました。

 

何なんだろう・・・?

と興味を示したボクはさらに近づいて行きました。

 

徐々にその全貌が明らかになった時には

ボクはすでに吸い寄せられるようにそこに行かなくては!

という心理状態に陥っていたと思います。

 

体が勝手に車をそこへつけようと反応していたのです。

 

目の前まで来た時にふっと意識が戻り

良く見るとなんとそこは中華屋だったのです。

 

 

 

 

 

心して次の映像をご覧ください・・・

 

サロンマーケティング研究所ブログ-3
サロンマーケティング研究所ブログ-2
サロンマーケティング研究所ブログ-1
サロンマーケティング研究所ブログ-店頭

              駐車場を埋め尽くす幟(のぼり)

サロンマーケティング研究所ブログ-入口

         入口正面には各メニューが自己主張してます

 

サロンマーケティング研究所ブログ-tennani

         壁もメニューたちで一面埋め尽くされています

サロンマーケティング研究所ブログ-TV2

           どうやらTV朝日に取材を受けた模様

 

店内もいたるところにPOPがあり、全て手書きのPOPというか

お品書きが張ってありました。

 

おそるおそる会計の時に店主の息子という男性になんで

こんなにPOPがあるのっかを訪ねてみると

 

店主(父)が好きで

暇さえあれば書いているとのこと。

 

情報の発信を楽しんでいる店主。

半径10Km県内の2/3は山と畑と田んぼという

通行料の少ない立地で編み出された

マーケティングノウハウ(本人はマーケなんて全然知らないらしい)

 

地元の美容室の方に聞くと

お昼時はいつも満員

また、宴会でも良く使われる繁盛店なのだそうです。

 

 

すっ凄すぎる(汗)

関連記事一覧