2011年も平和な年でありますように

こんばんはセッキーです!

 

今年最後のブログ記事は・・・誠諦寺の控室よりお届けします。

外は大分冷え込んでいます(ブルブル)

 

最後の記事として「平和」について

ボクが美容室の顧客に毎月書いているニュースレターの中の

ファッション史の中から

平和のシンボルとされたディーオールについてです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

誰もが知っているといっても過言ではないブランド

『クリスチャン・ディオール』【 Christian Dior 】。

ファッションの本場フランス・パリで

発祥したファッションブランド。

第二次世界大戦が終戦を迎えた翌年の1946年

クリスチャン・ディオールが、パリ・モンテーニュ通りに設立されました。

そして翌年、丁度日本では団塊世代が誕生した年ですね。

その年にクリスチャン・ディオールがコレクションでパリにデビューし

世界中から注目を集めました。

その作品の新しいシルエットは

世界的なセンセーションを巻き起こした

「ニュールック」です!

ポイントは、ゆったりなだらかな肩に細く絞ったウエスト

長くてフルなフレアースカートが特徴です。

これはその型から数字の「8」を当てはめたライン

「8ライン」とも呼ばれます。

正に平和な時代を象徴する

女性が女性らしいラインを際立たせるシルエット!

曲線を取り入れたエレガントな女らしさを強調したそのデザインは、

平和のシンボルと言われました。

それまで、世界中の女性のドレスはいかり肩の物が中心で

スカートの丈といえば短めでした。

しかし、クリスチャン・ディオールが発表したものは

今までにはなかった、なで肩の女性らしいデザイン

優美なたっぷりとしたスカート。

それはファッション界の革命になりました。
ディオールが『流行の神様』と呼ばれる所以です。

彼が亡くなるまでの戦後10年間は

オートクチュールの「ゴールデン・エイジ」とも称されています。

現在でも使われるYライン、Hライン、ロングドレス、Aライン

チューリップラインなどの印象的なシルエット。

それは全てクリスチャン・ディオールがデザインし発表したもので、

ファッション界の歴史に新しいデザインを刻みました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

平和であるからこそ人々は「美」を楽しめるもので

特に女性が女性らしく生きていけます。

ボク達は

世の中や人々の心を豊かにすることを

「美」を通して伝えていかなければいけない。

だから、平和な世の中であることを

心から望み、それに貢献しなければいけないんじゃないのかなぁ~。

あなたの新年がステキナ年でありますように!

 

あなたの分まで除夜の鐘鳴らしますョ

関連記事一覧