伝える価値を消費者目線で考えよう

こんばんはセッキーです!

 

最近はマーケティングの本等が凄く出版されています。

また、有名な広告クリエーターの方々も

価値を消費者に伝えるための本を出版されはじめています。

 

そのような時代なんでしょうね。

 

世の中やっと価値を伝えないとって

感じている方が増えてきた。

 

消費者にとってはとっても良いコト

 

・・・ですが。

 

消費者目線で伝えるコトって

まだまだのようです。

 

あるお店の看板です。

サロンマーケティング研究所ブログ-5%

誰に何を伝えたいのでしょう?

 さあ、あなたはこの2Fのお店

①何屋さんでしょうか?

 ②何が50%OFFなのでしょうか?

 

全く分かりません・・・よね。

なので、この看板を見て入店するお客様は殆どいないでしょう。

 

この通りは南青山で人通りも結構あるところです。

でも、歩道にはこの看板以外何もありません。

 

この看板を見て2Fを見上げて

何屋なのかを確かめるにも

歩道まで下がって見上げないと

2Fを確認するコトは難しいです。

 

残念な看板

 

では、凄く効果のある看板をお見せします。

季節感、誰を対象者として看板を書いたのか?

良く伝わってくる良い看板です。


サロンマーケティング研究所ブログ-とんQ


カキシーズンに店頭に出ていた看板

 

美味しさが凄く伝わってきませんか?

 

表現力も豊かで、絵も描いてあるので

当然、目をひかれます。

 

また、値段のことなんか全然書いてない

 

2F50%OFFは価格が安いというコトだけを発信していました。

こちらのとんかつ屋さんは美味しさだけを伝えています。

 

どちらの方がお客さんが反応するか

比較してみると良く分かりますよね。

 

ちなみに、このお店は味も良いので

いつも込んでいますョ♪

関連記事一覧