エタノールの違い

こんにちはセッキーです!

もうランチは済みましたか?

 

ご飯の前には手を洗いましょう!!

ということで今回は消毒液についての雑談より

(研究員)

エタノールってありますよね。

消毒用に使ったり

溶剤で使ったりしますよね。

 

(セッキー)

え~モノエタ、トリエタなんかもその一つですよね。

 

(研究員)

殺菌に使うエタノールって

実は原液よりも70%濃度が一番殺菌力があるんですョ!

 

(セッキー)

えっ!原液の方が濃くて効きそうなのに

少し希釈した方が良いんだ!

 

面白いですね~

 

(研究員)

また、エタノールは大きくわけると2種類あるんですが

発酵法合成法で作る方法で分かれます。

 

肌化粧品はほぼ発酵法のエタノールを使います。

その方が肌に安全だからです。

 

髪用は合成が主流です。

あと、大手さんなんかも合成を使うコトが多いですね。

 

(セッキー)

肌化粧品は溶剤まで気を使うんですね。

 

(研究員)

そうなんです。

肌なので、安全性には気をつけないといけないですから。

 

そういえば

イソプロピルアルコール(IPA)ってありますよね。

 

良く病院なんかにある消毒液

 

あれも合成のエタノールです。

実はあれって車のガソリンタンクの水抜きでも使ってます。

 

(セッキー)

へ~、消毒液が車の水抜きにも・・・ね~

 

(研究員)

そうなんですョ。

ガソリンタンクにIPAを入れると

ガソリン(油)と水がくっいて

結果車外に水が抜けていくわけです。

 

なるほど!

関連記事一覧